乾燥肌でもニキビはできる!乾燥ニキビの原因と予防は?

乾燥肌でもニキビはできる!乾燥ニキビの原因と予防は?

乾燥肌でもニキビはできる!乾燥ニキビの原因と予防は?

ニキビといえば、オイリー肌の人になりやすいと思っていませんか?

 

皮脂が原因だからといって、一生懸命洗顔していませんか?
実は、乾燥肌の人もニキビができてしまう「乾燥ニキビ」というのがあるんです。

 

乾燥ニキビと普通のニキビの違いは?

 

ニキビができるメカニズムは、毛穴の中に皮脂がたまってしまい炎症を起こしてしまうことです。ですから、オイリー肌の人は皮脂が余分に出てしまいニキビができやすくなってしまうんですね。

 

しかし乾燥肌の人は皮脂が少なすぎて、お肌を守るバリヤーになる皮脂膜も無い状態です。

 

そうなるとお肌の水分はあっという間の蒸発してしまい、毛穴がどんどん弱り、たった少しの皮脂でも毛穴が詰まりやすくなり、ニキビとなってしまうんです。

 

乾燥ニキビも普通のニキビも、毛穴が詰まって炎症を起こしてしまうのには変わりありません。しかし乾燥肌の人は、肌の水分まで失ってしまうことになるので、注意が必要です。

 

乾燥ニキビはどうやって予防する?

 

乾燥ニキビを予防するためには、水分補給だけしてもすぐに水分が蒸発してしまいます。

 

つまり、皮脂膜となる油分が無いといつまでも水分が無くなってしまい乾燥肌は直らないのです。油分と水分のバランスを整えることが重要になります。

 

体の中から自然と皮脂を出すようにしなければいけないので、むやみに油分の多い保湿クリームなどで保湿せずに、肌に優しい成分のスキンケアを丁寧に行い、乾燥を防ぐことが大事になります。

 

また、乾燥肌の人には「セラミド」という美容成分がお勧めです。

 

「セラミド」には高い保湿能力がありますので、しっかり肌に密着させるように浸透させて使うと、体の内側からどんどん皮脂が作られるようになってきます。

 

また食生活も大事な改善ポイントです。バランスの良い食事を心がけて、体を冷やさないようにしたり運動をして汗をかいて新陳代謝を活発にすることも、乾燥ニキビを治すきっかけとなります。

 

ニキビの原因は一概に「皮脂」だと思わず、乾燥に注意して健康なお肌を保ちましょう。