皮膚に最も悪い影響を与えるのは紫外線

皮膚に最も悪い影響を与えるのは紫外線

皮膚に最も悪い影響を与えるのは紫外線

美肌を保つには、やはり昔から言われるようにビタミンCが一番効くようです。
美白のイメージが強いビタミンCですが、他にも肌に良い働きを沢山してくれます。

 

まず美白はメラニン色素の生成を抑える事で叶います。
又、紫外線に依って生じた活性酸素をビタミンCは除去し、ビタミンEを作って新陳代謝を促進するのでくすみの無い透明感のある肌へと導いてくれます。

 

ビタミンCは抗酸化作用が強いので、出来てしまったニキビの炎症を押さえて改善し、更にはニキビ跡を消す効果も持っています。
これは、ビタミンCがコラーゲン生成を促す働きも持っているので、ニキビ跡のくぼみを修復する力を持っているからです。

 

次に、アンチエイジングの働きも大きな物があります。

 

皮膚に最も悪い影響を与えるのは「紫外線」です。日本でも一番日光が当たる時間が短い秋田県の女性の肌は年配の方でも色白で滑らかです。
これこそ、紫外線の影響を受けることが少ないことが一番の理由なのです。

 

紫外線に当たると皮膚には活性酸素が生まれ、それが肌の老化の原因となります。
ビタミンCは強い抗酸化力を持っているので、それが細胞レベルにまで作用して肌の老化を遅らせてくれます。

 

更にはコラーゲンとセラミドと言う肌の水分を保つ2大成分を作り出してくれるので、潤いのある瑞々しい肌を作ってくれます。

 

このビタミンCは、残念ながら人間の体内では作り出すことが出来ません。
ですから、日頃から食べ物で積極的にビタミンCを取るように心がけましょう。

 

ただ、ビタミンCは熱で壊れやすく、更に空気に晒されるとすぐ酸化してしまいます。
その為、果物のような生で食べられるものがお勧めです。
ブロッコリーなどは苺の何倍ものビタミンCを含んでいますが、熱を通すとそのビタミンCが半分以下にまで減ってしまいます。

 

その中で熱に強いビタミンCとして有名なのがじゃがいもです。じゃがいももあまり長い時間煮詰めない、若しくはレンジで火を通す等してビタミンCをあまり失わないような調理方法を選びましょう。